ヘア・メイク・ネイル・エステ・ファッションが学べる美容学校なら「東京総合美容専門学校」

美容師(ヘアスタイリスト)になるには

シャンプー、カット、パーマや、カラーリング、着付けまで!

美容師(ヘアスタイリスト)の仕事

美容師(ヘアスタイリスト)の仕事は、カット・パーマ・カラーリング・シャンプー・トリートメント・セットの他にもスタイル創りや着付け、メイクなどもあります。

カウンセリングでお客様の希望や髪質、顔や頭の形にあったヘアスタイルを決めます。
また、パーマ液やカラーリング剤もお客様の髪質にあったものを選び、ご希望にそったヘアスタイルをつくっていきます。

美容師(ヘアスタイリスト)になるには

美容師(ヘアスタイリスト)になるには、美容師国家資格が必要です。その為には、厚生労働大臣指定の養成学校の必要課程を修了し、受験資格を得て、国家試験に合格しなければなりません。
美容師になりたい方は認可を受けた美容専門学校に昼間2年間または通信の場合は3年以上と義務づけられています。

就職後は、アシスタントとしてスタイリストの補助業務をします。美容師免許を取得していてもすぐにはお客様の髪を切ることは出来ません。先輩美容師の方から技術指導を受け、勤めるサロンや技術力によっても異なりますが、2年から3年でスタイリストとしてデビュー出来るでしょう。

もちろんTSBSは厚生労働大臣指定の認定校です。
美容師国家試験受験資格が得られます。

美容師(ヘアスタイリスト)の就職先

美容師の就職先は主に美容室になります。美容室の中でも、チェーン展開している有名サロンや大型サロン、個人経営の小型サロンなど様々な業態があります。現在、美容室は全国でおよそ25万軒を超えており、立地やサロンコンセプト、客層や従業員、サロンの雰囲気など、サロンにより職場環境も変わってきます。自分に合った美容室・サロンを選ぶことが大切です。また、美容室で経験を積んだ後、将来自身で起業し、自分の美容室を開業したり、サロン経営をするというキャリアもあります。

美容師(ヘアスタイリスト)の給料・年収

美容師は、アシスタントとしてキャリアをスタートし、個人差はありますが約3年のアシスタント期間を経て、ヘアスタイリストに昇格します。経験年数が増えるごとに平均年収が徐々に上がっていくのが主流です。アシスタント期間の年収は、約200~240万円が一般的です。ヘアスタイリスト昇格後は、個人差はありますがアシスタント期間と比べ倍になり、自身の売り上げに対してのインセンティブなどでさらに給料を上げることができます。給料を上げられるかは接客や技術が重要になります。店舗にもよりますが、売れっ子スタイリストはディレクター・トップスタイリストにランクアップし、一部の人は年収が1000万円を超えることもあります。

美容師(ヘアスタイリスト)の将来性

他のサービス業と比べ、ヘアスタイリストの仕事は機械化が難しいため、技術のある美容師へのニーズが急激に衰えることはないでしょう。美容室の数は増加しており、店舗間の競争は激化しています。 また、国内の若い世代の人口が減っていくこともあり、美容業界では高齢者向けのサービスとして、介護が必要な人の自宅や病院、施設に訪問し、美容業をおこなう「福祉美容師」に注目が集まっています。 さらに海外に目を向けてみると、日本人美容師のきめ細かな美容サービスは海外でも評価が高く、技術に加えて語学力を身につければ、海外で活躍するチャンスも十分にあります。 美容師という仕事は、人をきれいにするだけでなく、時代に合わせて多くのことにチャレンジできる職業です。

先輩たちの就職先 美容師

実績一覧はこちら


  • SHIMA 内定

    美容科 ヘアスメイクコース
    私立豊島学院高校 卒業

  • GOALD 内定

    美容科 ヘアスタイリストコース
    埼玉県立三郷北高校 卒業

  • ZACC 内定

    美容科 ヘアメイクコース
    埼玉県立入間向陽高校 卒業

  • OCEAN TOKYO 内定

    美容科ヘアスタイリストコース
    千葉県立流山南高校 卒業

オープンキャンパス・資料請求

カット・エステ・メイク・ネイルが体験できる!TSBSの雰囲気を確かめに来ませんか?保護者説明会も同時開催中ご参加お待ちしております!